乳腺外科Mammary outpatient

外科的な治療が必要な乳腺疾患が診断された場合に、当科での治療になります。そうでない乳腺疾患や皮膚疾患は、産婦人科や皮膚科に適切に紹介し、治療をお願いします。しこりのない乳房のいたみや違和感、張り感などの多くは生理的なもので治療を必要としません。また、乳頭乳輪のかゆみは皮膚の湿疹の症状であり、乳房の中の乳腺の病気ではありません。

乳がんの治療

腫瘍の大きさだけではなく、がん細胞の生物学的特性も考慮し、適切な術前診断も基づいて治療を選択します。大きく分けて外科的治療、放射線治療、薬物治療があります。当院では外科的治療、薬物治療を行っています。放射線治療は連携病院で行います。

乳がんの手術

乳房部分切除術、乳房切除術

乳房にできたがんを切除するために行います。がん組織を含めた周りの正常組織を同時に切除します。切除範囲は乳房内でのがんの大きさや広がりによって決められ、小さい場合は乳房部分切除術、大きい場合は乳房切除術となります。

センチネルリンパ節生検、腋窩リンパ節郭清術

センチネルリンパ節とはリンパ管に入ったがん細胞が最初にたどり着く腋窩(えきか)リンパ節のことで、センチネルリンパ節生検とは、センチネルリンパ節にがん細胞の転移がないかどうかを調べる検査です。当院では色素法という、術前に注射でリンパ管へ色素を流してリンパ節を検出する方法を採用しています。
センチネルリンパ節生検でがんの転移が認められない場合は、腋窩リンパ節への転移の可能性はないと考えられるため、郭清を省略します。腋窩リンパ節郭清術とは腋窩にあるリンパ節をきれいに掃除をするように切除する手術です。センチネルリンパ節生検で転移が認められる場合や、術前診断で明らかに腋窩リンパ節に転移が認められる場合に行います。

乳がんの薬物治療

大きくホルモン治療、化学療法、分子標的治療に分けられ、乳がんのステージやがん細胞の生物学的特性に基づいて組み合わせて治療します。一般的に手術の後に行われますが、腫瘍の縮小を目的に術前に行うこともあります。適切な薬物治療を選択することは予後に大きく影響します。

入院される方へ

良性腫瘍の手術

乳腺腫瘍摘出術

腫瘍だけを摘出するための、局所麻酔による小手術です。日帰りが可能です。腫瘍が大きい場合は、入院のうえ全身麻酔下に行なうこともあります。

乳管腺葉区域切除術

乳頭分泌をきたす乳頭腫(症)などの良性腫瘍、あるいは乳がんに対する手術で、病変を含む乳腺腺葉を系統的に切除します。全身麻酔で行うため、入院の必要があります。

入院される方へ

その他の処置・治療

乳腺炎で切開して膿をだしてやる必要のある場合や、乳輪下膿瘍のドレナージや根治的な手術治療は乳腺外科での治療となります。

入院される方へ