医療関係者の皆様へTo medical personnel

  • HOME
  • 医療関係者の皆様へ

施設概要Outline

施設名 医療法人緑風会 三宅おおふくクリニック
住所 〒701-0204 岡山市南区大福393-1
連絡先 TEL:086-281-2020
FAX:086-281-7575
診療時間 9:00~18:00(日曜・祝日 休診)
9:00~17:00(土曜日)
診療科目 婦人科・乳腺外科・内科・眼科・頭痛・しびれ外来
アクセス 詳しくはこちら

患者様の受入についてPatient's acceptance

患者様の受入について、以下に書類を用意しております。
印刷のうえ、ご記入をお願いいたします。

一般紹介状

紹介患者予約申込書(FAX用)

患者様の情報をご記入下さい

MRI紹介状

MRI紹介患者予約申込書(医事課用)

患者様の情報をご記入下さい

委託検査受入 MRI

MRI検査 説明用パンフレット

患者様にお渡し頂きご説明下さい

MRI検査 問診票・承諾書(単純撮影)

患者様にお渡し頂きご記入頂いて下さい

MRI検査 問診票・承諾書(造影撮影)

患者様にお渡し頂きご記入頂いて下さい

診療情報提供書(整形外科以外)

整形外科以外の方はこちらをお使い下さい

診療情報提供書(整形外科用)

整形外科の方はこちらをお使い下さい

実 績Performance

婦人科

  2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
腹腔鏡下手術 172件 187件 181件 209件 187件
子宮鏡下手術 72件 57件 63件 70件 97件

2017年OOC実績(H29.4.1~H30.3.31)

腹腔鏡下手術 187件
・腹腔鏡下卵巣腫瘍摘出術 37件 ・腹腔鏡下附属器摘出術 20件 ・腹腔鏡下子宮筋腫核出術 47件
・腹腔鏡下子宮補助下子宮全摘術 76件 ・腹腔鏡下多嚢胞性卵巣焼灼術 4件 ・腹腔鏡下卵管形成術 3件 ・その他 6件
子宮鏡下手術 97件
・子宮鏡下粘膜下筋腫摘出術 10件 ・子宮鏡下子宮内膜ポリープ切除術 87件
卵管鏡下手術 4件
子宮頚部円錐切除術 23件
その他 32件

乳腺外科

  2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
当院で発見した乳がん件数 49件 65件 73件 64件 83件

2017年OOC実績(H29.4.1~H30.3.31)

  • マンモグラフィ検査 5,587件 
  • 超音波検査 6,185件 
  • CNB件数 201件 
  • FNAC件数 133件
  • マンモトーム件数 2件
手術件数 39件
・悪性疾患手術 24件 ・良性疾患手術 15件

検査

2017年OOC実績(H29.4.1~H30.3.31)

胃カメラ 1415件
大腸カメラ 101件
MRI 1887件

学会発表Conference presentation

  • 2018
    • Reliability of the compressive sensing of artificial intelligence regarding the dimensions of the adding vector in survival analysis.
      Yasunari Miyagi, Takashi Oda, Takahito Miyake, Keiichi Fujiwara
      第56回日本癌治療学会, 横浜
      2018/10/18-10/20
    • Estimation of clinical trial data by artificial intelligence.
      Yasunari Miyagi, Keiichi Fujiwara, Takashi Oda, Takahito Miyake
      第60回日本婦人科腫瘍学会並びにThe 17th Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society Meeting, Kyoto, 2018/9/14-9/16
    • 当院での手動真空吸引法(MVA)を用いた子宮内容除去術の有用性の検討
      三宅貴仁1,2、柴田真紀1、高吉理子1、清川麻知子1、小田隆司1、小國信嗣1、宮木康成2、橋本雅1、高田智价1
      1.三宅医院 , 2.三宅おおふくクリニック
      第71回中国四国産科婦人科学会総会ならびに学術講演会 (9/22-23, 2018. 松山)
    • Feasibility of artificial intelligence (AI) for predicting live birth from a blastocyst image
      Yasunari Miyagi1), Toshihiro Habara2), Rie Hirata2), Nobuyoshi Hayashi2)
      1. Medical Data Labo. Okayama city, Japan.
      2. Okayama Couples’ Clinic. Okayama city, Japan.
      34th Annual Meeting of European Society of Human Reproduction and Embryology ESHRE 2018 (7/01-04, 2018. Barcelona, Spain)
    • 人工知能コルポスコピー診断
      宮木康成, 小田隆司, 小國信嗣, 高吉理子, 佐藤靖, 柴田真紀, 清川麻知子, 橋本雅, 高田智价, 三宅貴仁 藤原恵一
      1岡山大福クリニック 婦人科
      2三宅医院 産婦人科
      3埼玉医科大学 国際医療センタ- 婦人科腫瘍科
      第70回日本産科婦人科学会 (5/10-13, 2018. 仙台)
  • 2017
    • 岡山乳房超音波講習会(講習会)
      伊波茂道
      (12,2017)
    • Estimation of clinical data by artificial intelligence
      Miyagi Yasunari1 Fujiwara Keiichi2 Oda Takashi3 Oguni Nobutsugu3 Sato Yasushi3 Takayoshi Riko3 Shibata Maki3 Kiyokawa Machiko3 Hashimoto Tadashi3 Takada Tomoyoshi3 Miyake Takahito3
      1.Okayama Ohfuku Clinic,2.Saitama Medical University International Medical Center, 3.Miyake Clinic
      The 5th Biennial Meeting of Asian Society of Gynecologic Oncology (ASGO) 2017 (11/30-12/2, 2017. Tokyo)
    • 人工知能のコルポスコピー診断
      宮木康成1、小田隆司1,2、小國信嗣2、高吉理子2、佐藤靖2、柴田真紀2、清川麻知子2、橋本雅2、高田智价2、三宅貴仁2
      1.岡山大福クリニック 婦人科, 2.三宅医院 産婦人科
      第42回岡山産科婦人科学会学術講演会 (11/19, 2017. 倉敷)
    • 生存率解析を例にしたイベント発生型臨床研究への人工知能の応用
      宮木康成1, 小田隆司2, 小國信嗣2, 高吉理子2, 佐藤 靖2, 柴田真紀2, 清川麻知子2, 橋本 雅2, 高田智价2, 三宅貴仁2
      1岡山大福クリニック,2三宅医院
      第32回女性医学会 (11/4-5, 2017. 大阪)
    • 人工知能における機械学習によるコルポスコピー診断法の開発;
      Development of colposcopic diagnosis by the supervised learning of the artificial intelligence
      宮木 康成1, 小田 隆司1,2, 高吉 理子2, 柴田 真紀2, 清川 麻知子2, 小国 信嗣2, 佐藤 靖2, 橋本 雅 2, 高田 智价2, 三宅 貴仁2, 藤原 恵一3
      1岡山大福クリニック 婦人科, 2三宅医院 産婦人科, 3埼玉医科大学 国際医療センタ- 婦人科腫瘍科 癌治療学会 (10/20-22, 2017. 横浜)
    • 人工知能機械学習によるコルポスコピー診断法の開発
      宮木康成 小田隆司 小國信嗣 高吉理子 佐藤靖 柴田真紀 清川麻知子 橋本雅 高田智价 三宅貴仁
      岡山大福クリニック 婦人科, 三宅医院
      第70回中国四国産科婦人科学会 (9/23-24, 2017. 広島)
    • QOL輪唱岡山講演会 乳がんの標準治療(講演)
      伊波茂道(9,2017)
    • 生存率解析における人工知能圧縮センシングでの誤差;
      Reliability of the compressive sensing of artificial intelligence in terms of the dimensions of the adding vector in survival analysis
      宮木康成、藤原恵一、小田隆司、三宅貴仁
      第59回日本婦人科腫瘍学会 (7-27-29, 2017, 熊本)
    • Estimation of clinical data by artificial intelligence
      Yasunari Miyagi, Yuji Miyagi, Keiichi Fujiwara, Takashi Oda, Takahito Miyake.
      Okayama Ohfuku Clinic, Healthcare Center, Shizuoka Cancer Center, Nagaizumi-cho, Japan Department of Gynecology, Saitama Medical University International Medical Center, Hidaka, Japan
      Department of Obstetrics and Gynecology, Miyake Clinic, Okayama, Japan
      第69回日本産科婦人科学会 (4/14-16, 2017. 広島)
  • 2016
    • スパースモデリングの圧縮センシング応用による生存率解析
      Simulation of survival analysis by compressive sensing of sparse modeling
      宮木 康成1, 宮木 裕司2, 藤原 恵一3, 小田 隆司1,4, 三宅 貴仁4
      1岡山大福クリニック 婦人科, 2静岡県立静岡がんセンター 検診センター, 3埼玉医科大学 国際医療セ ンタ- 婦人科, 4三宅医院 産婦人科
      第29回日本内視鏡外科学会総会 (12/8-10/2016, パシフィコ横浜)
    • 圧縮センシングを応用した臨床研究の数的シミュレーション
      Simulation of clinical sample numeric data by compressive sensing 宮木 康成1, 宮木 裕司2, 藤原 恵一3, 小田 隆司1,4, 三宅 貴仁4
      1岡山大福クリニック 婦人科, 2静岡県立静岡がんセンター 検診センター, 3埼玉医科大学 国際医療セ ンタ- 婦人科, 4三宅医院 産婦人科
      第54回日本癌治療学会 (10/20-22/2016, パシフィコ横浜)
    • スパースモデリングの圧縮センシングを用いた臨床研究法
      宮木 康成1,小田 隆司2,柴田 真紀2,清川 麻知子2,橋本 雅2, 高田智价2, 三宅 貴仁2 1岡山大福クリニック 婦人科,2三宅医院
      第69回中国四国産科婦人科学会 (9/24-25/2016, 高松)
    • スパースモデリングを応用した臨床研究におけるサンプル推定について
      Estimation of clinical sample data by sparse modeling
      宮木康成1) 宮木裕司2) 小田隆司1,3) 清川麻知子3) 柴田真紀3) 橋本 雅3) 高田智价3) 三宅貴仁3) 1 岡山大福クリニック、2 静岡がんセンター、3 三宅医院
      第56回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 (9/1-3/2016, 長崎)
    • 先天性心ブロックを発症していない抗52kD SS-A抗体陽性妊婦における胎児房室伝導時間の傾向
      塚原紗耶1)、宮木康成2)、多田克彦1)、萬もえ1)、谷 和祐1)、山下聡美1)、桐野智江1)、吉田みずほ1)、沖本直輝1)、立石洋子1)、高田雅代1)
      1) 独立行政法人国立病院機構岡山医療センター、2) 岡山大福クリニック
      第52回日本周産期・新生児医学会 (7/16-18/2016,富山)
    • 圧縮センシングによる臨床サンプル推定法
      Estimation of clinical sample data by compressive sensing
      宮木 康成1, 宮木 裕司2, 藤原 恵一3, 小田 隆司1,4, 三宅 貴仁4
      1岡山大福クリニック 婦人科, 2静岡県立静岡がんセンター 検診センター, 3埼玉医科大学 国際医療センタ- 婦人科, 4三宅医院 産婦人科
      第58回日本婦人科腫瘍学会 (7/8-10/2016,米子)
    • プラチナ製剤薬物動態に関するtriangle modelの開発
      宮木康成1、宮木裕司2、河西邦浩3、山本順子4、藤原恵一5、紀川純三6、長尾昌二7、鍔本浩志8、 小田隆司1,9、清川麻知子9、柴田真紀9、橋本 雅9、三宅貴仁9
      1.岡山大福(おおふく)クリニック、2.静岡県立がんセンター、3.屋島総合病院、4.谷病院、
      5.埼玉医科大学国際医療センター、6.松江市民病院、7.兵庫県立がんセンター、8.兵庫県立医科大学、 9.三宅医院
      第68回日本産科婦人科学会術講演会 (4/21-24/2016, 東京国際フォーラム)
  • 2015
    • プラチナ製剤薬物動態のtriangle modelの開発
      宮木康成1、宮木裕司2、河西邦浩3、山本順子4、藤原恵一5、紀川純三6、長尾昌二7、鍔本浩志8、 小田隆司1,9、清川麻知子9、柴田真紀9、橋本 雅9、三宅貴仁9
      1.岡山大福(おおふく)クリニック、2.静岡県立がんセンター、3.屋島総合病院、4.谷病院、 5.埼玉医科大学国際医療センター、6.松江市民病院、7.兵庫県立がんセンター、8.兵庫県立医科大学、 9.三宅医院
      第53回日本癌治療学会学会術講演会 (10/29-31/2015, 京都国際会議場)
    • 当院におけるジェノゲスト治療の現状
      岡山持田製薬講演 (10/08/2015, 岡山)
    • プラチナ製剤薬物動態のtriangle modelの開発
      宮木康成1、河西邦浩2、山本順子3、宮木裕司4、藤原恵一5、紀川純三6、長尾昌二7、板持広明8、鍔本浩志9、小田隆司10、柴田真紀10、橋本 雅10、三宅 馨10
      1.岡山大福クリニック、2.屋島総合病院、3.谷病院、4.静岡県立がんセンター、5.埼玉医科大学国際医療センター、6.松江市民病院、7.兵庫がんセンター、8.鳥取大学、9.兵庫県立医科大学、10.三宅医院
      第57回日本婦人科腫瘍学会 (7/7-9/2015,盛岡)
    • 当院におけるジエノゲストの長期投与例について
      宮木康成 (8/03/2015, 岡山)
      岡山子宮内膜症フォーラム
  • 2014
    • 腹腔鏡手術が有用であった採卵困難症例の一例
      s 小田隆司1,3)、清川麻知子1)、小見山純一1)、沖津 摂1)、橋本 雅2)、高田智价2)、三宅 馨2)、宮木康成3)
      1.三宅医院 生殖医療センター,2.産婦人科,3.岡山大福クリニック 婦人科
      第39回岡山産科婦人科学会 (11/23/2014, 岡山)
    • Mental mood of gynecologic cancer patients assessed by distress and impact thermometer (DIT; a 2-item, self-report questionnaire) and hospital anxiety and depression scale (HADS; a 14-item, self-report questionnaire) during the initial treatment in the first 6 months: KCOG-G1103 study Yoshio Itani 1), Atsushi Arakawa 2), Hiroshi Tsubamoto 3), Kimihiko Ito 4), Ryutaro Nishikawa 5), Kayo Inoue 5), Tsunekazu Kita 1), Atsushi Sugiura 1), Shinji Toyoda 1), Keiko Kuritani 4), Shizuka Shichido Yamamoto 4), Yasunari Miyagi 6) , Naoto Furukawa 7)
      1. Nara Prefecture General Center, Nara, Japan; Department of Obstetrics and Gynecology,
      2. Nagoya City University Hospital, Nagoya, Japan; Department of Obstetrics and Gynecology,
      3. Hyogo College of Medicine, Nishinomiya, Japan; Department of Obstetrics and Gynecology,
      4. Kansai Rosai, Hospital, Amagasaki, Japan; Department of Obstetrics and Gynecology,
      5. MeiwaGeneral Hospital, Nishinomiya, Japan; Department of Obstetrics and Gynecology,
      6. Okayama Ohfuku Clinic, Okayama, Japan; Department of Obstetrics and Gynecology,
      7. Nara Medical University, Nara, Japan; Department of Obstetrics and Gynecology.
      (June 3 [May 30 – June 3], 2014 at the McCormick Place Convention Center in Chicago, Illinois, USA)
    • 気になる統計のポイント(尺度、多変量、プログラム).
      宮木康成
      巨椋循環器カンファレンス (2/15/2014, 宇治)
    • 胎児心臓超音波診断の基礎.
      宮木康成.
      Plus One seminar. (1/19, 2014, 岡山)
  • 2013
    • Development of a mathematical model with different equations of intraperitoneal/intravenous infusion of taxanes.
      Yasunari Miyagi1, Keiichi Fujiwara2, Yuji Miyagi3, Hiroshi Tsubamoto4、Takashi Oda1,5, Kaoru Miyake5.
      1; Okayama Ohfuku Clinic, Okayama city, Okayama prefecture, JAPAN
      2; Saitama Medical University International Medical Center, Saitama pref., JAPAN
      3; Shizuoka Cancer Center, Shizuoka pref., JAPAN
      4: , Hyogo College of Medicine, Hyogo pref., JAPAN
      5; Miyake Clinic, Okayama pref., JAPAN.
      The 3rd Biennial Meeting of Asian Society of Gynecologic Oncology, The 55th Meeting of Japan Society of Gynecologic Oncology (12/13-15, 2013, Kyoto)
    • 腹腔内および点滴静注投与を示す数学モデルの特性
      宮木康成、小田隆司、清川麻知子、橋本 雅、高田智价、三宅 馨
      岡山産科婦人科学会 (11/17, 2013, 倉敷)
    • 子宮内膜症への治療戦略(講演)
      宮木康成(岡山大福クリニック)
      子宮内膜症治療を考える会 in 広島 (1/23, 2013, 広島)
  • 2012
    • 巨大筋腫に対する全腹腔鏡下筋腫核出術(TLM)症例の経験
      小田隆司、宮木康成、清川麻知子、橋本 雅、高田智价、三宅 馨
      岡山産科婦人科学会 (11/11, 2012, 岡山)
    • 臨床試験・生物統計学 Clinical Study ・ Biostatistics (講演)
      宮木康成(岡山大福クリニック)
      第64回日本産科婦人科学会・学術講演会 (4/13-15, 2012, 神戸)
  • 2011
    • IP/IV投与モデルによるtaxane系抗癌剤の選択について
      宮木康成(岡山大福クリニック)、藤原恵一(埼玉医科大学国際医療センター婦人科)、宮木裕司(静岡県立がんセンター)、小田隆司(岡山大福クリニック、三宅医院)、伊藤潔(東北大学医学部産婦人科)、高野忠夫(東北大学医学部産婦人科)、八重樫伸生(東北大学医学部産婦人科)、三宅 馨(三宅医院)、鍔本浩志(兵庫医科大学産婦人科)
      第49回日本癌治療学会 (10/27-29, 2011, 名古屋)
    • 再発婦人科癌に対するdocetaxel腹腔内投与の第1相臨床試験 -KCOG-0601
      鍔本浩志(兵庫医科大学 産科婦人科)、  竹内聡(岩手医科大学 産婦人科)、 豊田進司(県立奈良病院 産婦人科)、 澤田守男(京都府立医科大学 産科婦人科)、 井上佳代(兵庫医科大学 産科婦人科)、 宮木康成(岡山大福クリニック)、 伊藤公彦(関西労災病院 産婦人科)
      第49回日本癌治療学会 (10/27-29, 2011, 名古屋)
    • 婦人科悪性疾患患者の精神的ストレス評価に“ つらさと支障の寒暖計 ”は使用可能である
      井谷嘉男1)、石橋理子1)、森岡佐知子1)、伊東史学1)、杉浦敦1)、平野仁嗣1)、河元洋1)、 豊田 進司 1)、喜多 恒和 1)、宮木 康成 2)
      1.奈良県立奈良病院産婦人科,2.岡山大福クリニック
      第49回日本癌治療学会 (10/27-29, 2011, 名古屋)
    • 当院におけるジェノゲストの使用経験
      宮木康成
      岡山子宮内膜症フォーラム (9/21, 2011, 岡山)
    • Taxane系薬剤の数学モデルによるIPおよびIV投与法の比較
      宮木康成(岡山大福クリニック)、小田隆司、山口万紀子、清川麻知子、堀本直幹、橋本 雅、高田智价、三宅馨(三宅医院)
      第64回中国四国産科婦人科学会 (9/17, 2011, 徳島)
    • 産科超音波診断
      宮木康成
      日本超音波医学会第47回中国地方学術講演会 (9/10, 2011, 岡山)
    • がん臨床試験の統計学の基礎
      宮木康成
      GOTIC講演会 (8/28, 2011, 大阪)
    • Taxane系薬剤のIP/IV投与モデル
      宮木康成(岡山大福クリニック)、小田隆司、山口万紀子、清川麻知子、堀本直幹、橋本 雅、高田智价、三宅馨(三宅医院)、長尾昌二、 藤原恵一(埼玉医科大学医療センター) 、伊藤 潔、高野忠夫、八重樫伸生(鳥取大学)、 宮木裕司(静岡県立がんセンター)
      第50回日本婦人科腫瘍学会 (7/22-24, 2011, 札幌)
    • 18トリソミー胎児における小脳低形成の形態学的特長―小脳前後径計測の意義
      小松玲奈(広島市民病院),多田克彦(国立岡山医療センター),早田桂,関野和,岡田朋美,香川幸子,石田理,野間純,吉田信隆(広島市民病院),宮木康成(岡山大福クリニック)
      第47回日本周産期・新生児医学会 (7/10-12, 2011, 札幌)
    • 子宮内膜症治療へのアプローチ
      宮木康成
      岩国産婦人科医会学術講演会 (6/23, 2011, 岩国)
    • Development of a mathematical model of intraperitoneal/intravenous infusion of taxanes.
      Y. Miyagi1, K. Fujiwara2, K. Ito3, Y. Miyagi4, T. Takano3, S. Nagao2, N. Yaegashi3, T. Oda1,5, T. Miyake6, K. Miyake5.
      1. Okayama Ohfuku Clinic, Okayama, Japan;
      2. Saitama Medical University International Medical Center, Hidaka, Japan;
      3. Tohoku University Graduate School of Medicine, Sendai, Japan;
      4. Shizuoka Cancer Center, Nagaizumi-cho, Japan;
      5. Miyake Clinic, Okayama, Japan;
      6. Osaka Rosai Hospital, Sakai, Japan
      American Society of Clinical Oncology (Presentation as publication only. June 1-5, 2011, Chicago)
  • 2010
    • 当院における胎児スクリーニングと成果
      山西智未、三宅 馨、宮木康成、小柳 彩、森本識子 (三宅医院)
      第83回日本超音波医学会 (5/29-31, 2010, 京都)
  • 2009
    • 新しい triangle compartment model を用いたtaxane 系薬剤腹腔内投与での薬物動態解析
      宮木康成(岡山大福クリニック)、小田隆司、山口万紀子、清川麻知子、橋本 雅、高田智价、三宅馨(三宅医院)、鍔本浩志(兵庫医大)、 藤原恵一(埼玉医科大学医療センター) 、紀川純三(鳥取大学)、 宮木裕司(静岡県立がんセンター)
      第47回日本癌治療学会 パネルディスカッション (10/22-24, 2009, 横浜)
    • 当院における挙児希望患者への腹腔鏡手術所見と妊娠獲得に関する検討
      小田隆司1,3) 宮木康成3) 清川麻知子1) 山口万紀子2,3) 橋本 雅2) 高田智价2) 三宅 馨2)
      1)三宅医院(岡山市)生殖医療センター 2)同産婦人科 3)岡山大福クリニック婦人科
      第49回日本産科婦人科内視鏡学会(9/03-05, 2009, 高知)
    • AUC値を目標とするネダプラチンの投与量計算式
      宮木康成(岡山大福クリニック)、小田隆司、山口万紀子、清川麻知子、橋本 雅、高田智价、三宅馨(三宅医院)
      第46回日本婦人科腫瘍学会(7/10-12, 2009, 新潟)
    • 当院におけるジエノゲストの使用経験
      宮木康成
      第17回中四国GnRHa研究会(2009. 8/30, 岡山)
    • 当院でのディナゲストの使用経験
      宮木康成
      子宮内膜症セミナー(第73回岡山市産婦人科研修会)(2009. 1/21, 岡山)
    • 産婦人科とComputing
      宮木康成
      第40回岡山産婦人科スーパーセミナー (2009. 1/15, 岡山)
  • 2008
    • CTを用いた内臓脂肪面積測定法
      1.平均±2SD法のROI設定部位に関する検討
      中山真一1)、上者郁夫2)、茅本拓哉1)、横峰 圭2)、藤井義徳2)、 服部 始2)、三村誠一2)、赤木憲明3)、篠﨑洋二4)、宮木康成5)
      1) 岡山大学医学部保健学科、2)岡山大学大学院保健学研究科、  3) 岡山大学病院 医療技術部放射線部門、4)篠﨑クリニック、 5) 岡山大福クリニック
      CSFRT2008(中四国放射線医療技術フォーラム)(2008.12/6-7, 徳島)
    • CTを用いた内臓脂肪面積測定法
      2.簡便で精度の高い固定値法の検討(第2報) ーTOSHIBA Aquilion 4による検討ー
      茅本拓哉1)、上者郁夫2)、中山真一1)、横峰 圭2)、藤井義徳2)、 服部 始2)、三村誠一2)、赤木憲明3)、篠﨑洋二4)、宮木康成5)
      1) 岡山大学医学部保健学科、2)岡山大学大学院保健学研究科、  3) 岡山大学病院 医療技術部放射線部門、4)篠﨑クリニック、 5) 岡山大福クリニック
      CSFRT2008(中四国放射線医療技術フォーラム)(2008.12.6-7, 徳島)
    • 遠赤外線を用いたマイルド加温療法による2型糖尿病改善効果
      藤井義徳1),上者郁夫1),黒田昌弘1)、 山岡聖典1),篠﨑洋二2),宮木康成3)
      1)岡山大学大学院保健学研究科、 2)篠崎クリニック、3)岡山大福クリニック
      CSFRT2008(中四国放射線医療技術フォーラム)(2008.12.6-7, 徳島)
    • 腹部超音波検査における検査前夜の食事が検査に及ぼす影響
      1.胆嚢・総胆管について
      服部 始1)、上者郁夫1)、横峰 圭1)、藤井義徳1)、三村誠一1)、宮木康成2)
      1)岡山大学大学院保健学研究科、2)岡山大福クリニック
      CSFRT2008(中四国放射線医療技術フォーラム)(2008.12.6-7, 徳島)
    • 腹部超音波検査における検査前夜の食事が検査に及ぼす影響
      2.肝臓,膵臓,腎臓について
      横峰 圭1),上者郁夫1),服部 始1)、 藤井義徳1),三村誠一1),宮木康成2)
      1)岡山大学大学院保健学研究科、2)岡山大福クリニック
      CSFRT2008(中四国放射線医療技術フォーラム)(2008.12.6-7, 徳島)
    • 最近の産婦人科医療
      宮木康成
      岡山市妹尾医師会症例検討会(11/18, 2008, 岡山)
    • 当院における婦人科手術の現況と課題
      宮木康成(岡山大福クリニック)、小田隆司、山口万紀子、清川麻知子、橋本 雅、高田智价、三宅馨(三宅医院)
      日本産科婦人科学会岡山地方部会(11/16, 2008, 岡山)
    • 2型糖尿病に対する岩盤浴の効果(第2報)
      Effects of Bedrock Baths for Patients with Type 2 Diabetes Mellitus (Second Report)
      上者郁夫1),藤井義徳1),黒田昌宏1),山岡聖典1), 下山弘志2),篠崎洋二3),宮木康成4)
      1) 岡山大学大学院保健学研究科,2)株式会社サンタモニカ, 3)篠﨑クリニック,4)岡山大福クリニック
      第11回日本補完代替医療学会 (2008.11.8-9)
    • DJ vs weekly TJ 患者QOL解析
      宮木康成
      関西腫瘍研究会(10/31, 2008, 名古屋)
    • コンピュータシミュレーションによる抗癌剤腹腔内投与の方法
      宮木康成(岡山大福クリニック)、小田隆司、山口万紀子、清川麻知子、橋本 雅、高田智价、三宅馨(三宅医院)、宮木裕司(静岡県立がんセンター)、紀川純三(鳥取大学産婦人科)、藤原恵一(埼玉医科大学医療センター)
      日本癌治療学会(10/30, 2008, 名古屋)
    • Financial establishment of an operating unit in a local clinic in Japan; an experiential report
      Yasunari MIYAGI (Okayama Ohfuku Clinic), Takashi ODA, Kaoru MIYAKE (Miyake Clinic)
      World Congress of Endoscopic Surgery (9/03-06, 2008, Yokohama City, Pacifico Yokohama)
    • 内視鏡手術施設の新規開設の経験
      宮木康成(岡山大福クリニック)、小田隆司、三宅 馨(三宅医院)
      日本内視鏡外科学会 (9/02, 2008, 横浜, パシフィコ横浜)
    • 乳がんの検診について(毎日新聞 2008年6月3日)
      宮木康成
    • 母子の周産期予後に及ぼす助産師の充足率
      宮木康成(岡山大福クリニック), 三宅 馨, 高田智价, 橋本 雅, 国方建児, 小田隆司, 山口万紀子, 清川麻知子(三宅医院), 神谷直樹(東京慈恵医科大学), 竹村秀雄(小阪産病院)
      第60回日本産科婦人科学会(4/12-15, 2008. 横浜)
    • CTを用いた内臓脂肪の測定法.
      1) 簡便で精度の高い固定値法の検討
      上者郁夫(岡山大学 保健学科), 三森天人(姫路赤十字病院), 宮木康成(岡山大福クリニック)
      日本画像医学会(2/22-23, 2008)
    • CTを用いた内臓脂肪の測定法.
      2) メタボリックシンドロームの診断基準の検討
      上者郁夫(岡山大学 保健学科), 三森天人(姫路赤十字病院), 宮木康成(岡山大福クリニック)
      日本画像医学会(2/22-23, 2008)
    • 周産期の超音波検査について
      宮木康成(岡山大福クリニック/三宅医院)
      岡山大学周産期研修会 講演(2/9, 2008, 岡山大学鹿田図書館)
  • 2007
    • STICによる先天性心奇形スクリーニングについて
      宮木康成(岡山大福クリニック/三宅医院), 小田隆司, 国方建児, 橋本 雅, 高田智价, 三宅 馨(三宅医院)
      日本産科婦人科学会岡山地方部会(11/18, 2007, 倉敷 川崎医療福祉大学)
    • CTを用いた内臓脂肪の測定法  −簡便で精度の高い固定値法の検討-
      神谷明日香、上者郁夫、平原 茜(岡山大学医学部保健学科 放射線技術科学専攻)、三村誠一、赤木憲明、大塚祐太(岡山大学病院医療技術部放射線部門)、宮木康成(大福クリニック 産婦人科)
      中四国放射線医療技術フォーラム(11/10-11, 2007, 広島 アステールプラザ)
    • CTを用いた内臓脂肪の測定法 −メタボリックシンドロームの診断基準の検討
      平原 茜、上者郁夫、神谷明日香(岡山大学医学部保健学科 放射線技術科学専攻)、三村誠一、赤木憲明、大塚祐太(岡山大学病院医療技術部放射線部門)、宮木康成(大福クリニック 産婦人科)
      中四国放射線医療技術フォーラム(11/10-11, 2007, 広島 アステールプラザ)
    • 2型糖尿病に対する岩盤浴の効果
      上者郁夫,藤井義徳,黒田昌宏,山岡聖典(岡山大学大学院保健学研究科), 下山弘志([株]サンタモニカ), 篠崎洋二(篠崎クリニック), 宮木康成(大福クリニック)
      第10回日本補完代替医療学会(11/03-04, 2007, 博多 九州大学百年講堂)
    • STIC を用いた胎児心臓超音波スクリーニ ングの基本手技の有用性
      宮木康成、橋本 雅、三宅 馨 (三宅医院)
      第43回日本周産期・新生児医学会(7/8-10, 2007. 東京)
    • 測定方法の違いによる正常発育胎児の左室Tei indexとその構成成分の測定値の比較
      多田 克彦、高丸 永子、塚原 紗耶、片山 修、熊澤 一真、高田 雅代、中西 美恵(国立病院機構 岡山医療センター 産婦人科)、宮木康成、三宅 馨 (三宅医院)
      第43回日本周産期・新生児医学会(7/8-10, 2007. 東京)
    • 腹腔内投与における腹腔内 AUC 値と排泄速度定数との反比例関係について
      宮木康成(岡山大福クリニック)、 藤原恵一、長尾昌二(埼玉医大)、 紀川純三、寺川直樹(鳥取大)、 小田隆司、三宅 馨(三宅医院)
      第42回日本婦人科腫瘍学会(6/29-7/01, 2007. 東京)
    • Standardized FHR Management導入時の教育効果について
      宮木康成、小田隆司、国方健児、橋本雅、高田智价、三宅 馨 (三宅医院)、池田智明(国立循環器病センター周産期科)
      第59回日本産科婦人科学会(4/14-17, 2007. 京都)
    • sonography based volume computer aided diagnosis (SonoVCAD) について.
      宮木康成.
      VOLUSON E8 (GE Healthcare 社)記者発表(4/05, 2007. 東京)

論文投稿Submission of a paper

  • 2018
    • Does local infiltration anesthesia on laparoscopic surgical wounds reduce postoperative pain? Randomized control study.
      Mika Sugihara1,Takahito Miyake2,Yasunari Miyagi2,Takashi Oda2,Yukiko Hazama1,Rikiya Sano3,Takafumi Nakamura1,Mitsuru Shiota3,Koichiro Shimoya1.
      1 Department of Obstetrics and Gynecology 1, Kawasaki Medical School, Kurashiki, Japan
      2 Department of Gynecology, Miyake Ofuku Clinic, Okayama, Japan
      3 Department of Gynecologic Oncology, Kawasaki Medical School, Kurashiki, Japan
      Reproductive Medicine and Biology 2018;00:1-7.
    • Development of New Method for the Prediction of Clinical Trial Results Using Compressive Sensing of Artificial Intelligence
      Miyagi Y*1,2, Fujiwara K3, Oda T4, Miyake T4, and Coleman RL5 Citation:Miyagi Y, Fujiwara K, Oda T , Miyake T, Coleman RL (2018)
      1 Department of Gynecology, Miyake Ofuku Clinic, Okayama City, Japan
      2 Department of Artificial Intelligence, Medical Data Labo, Okayama City, Japan
      3 Department of Gynecologic Oncology, Saitama Medical University International Medical Center, Hidaka City, Japan
      4 Department of Obstetrics and Gynecology, Miyake Clinic, Okayama City, Japan
      5 Department of Gynecologic Oncology and Reproductive Medicine, University of Texas MD Anderson Cancer Center, Houston, Texas, USA
      Development of New Method for the Prediction of Clinical Trial Results Using Compressive Sensing of Artificial Intelligence.
      J Biostat Biometric App 3(2): 202
    • Formulae Based on Biomathematics to Estimate the Standard Value of Fetal Growth of Japanese. Yasunari Miyagi1, Katsuhiko Tada2, Riko Takayoshi3, Nobutsugu Oguni3, Yasushi Sato3, Maki Shibata3, Machiko Kiyokawa3, Tadashi Hashimoto3, Tomoyoshi Takada3, Takashi Oda3, Takahito Miyake3.
      1. Department of Gynecology, Miyake Ofuku Clinic
      2. Department of Obstetrics and Gynecology, Okayama Medical Center
      3. Department of Obstetrics and Gynecology, Miyake Clinic
      Acta Med. Okayama, 2018 Vol.72, No.2, pp.115-119
  • 2016
    • 心機能評価 Tei indexとPLIの測定方法.
      多田克彦、宮木康成、大倉磯治.
      周産期医学 46(5): 627-636, 2016
    • 品胎妊娠の分娩週数に母体身長が及ぼす影響
      多田克彦、宮木康成、熊澤一真、萬 もえ、山下聡美、谷 和祐、吉田瑞穂、桐野智江、塚原紗耶、沖本直樹、立石洋子、高田雅代、中村 信、影山 操.
      日本周産期・新生児医学会雑誌 52(4) 1083-1086, 2016
    • 一般開業における腹腔鏡手術①
      三宅貴仁、小田隆司、宮木康成、三宅 馨.
      産婦人科の実際 65(2) 203-206, 2016
  • 2015
    • Feasibility and efficacy of intraperitoneal docetaxel administration as salvage chemotherapy for malignant gynaecological ascites.
      H. Tsubamoto1, S. Takeuchi2, K. Ito3, Y. Miyagi4, S. Toyoda5, K. Inoue1, R. Kanazawa1, Y. Hosoda1 & H. Shibahara1.
      1. Department of Obstetrics and Gynecology,Hyogo College of Medicine, Nishinomiya;
      2. Iwate Medical University School of Medicine, Morioka;
      3.Kansai Rosai Hospital, Amagasaki;
      4 Okayama Ohfuku Clinic, Okayama;
      5 Nara Prefectural Nara Hospital.
      J Obst Gynaecol35(1):69-73, 2015 Jan.
  • 2014
    • 腹腔鏡による卵巣移動術が有用であった採卵困難症の一例
      A case of reposition of the ovary with laparoscopic surgery that was beneficial for a sterile patient with uncollectible ovum.
      小田隆司、宮木康成、清川麻知子、柴田真紀、橋本 雅、高田智价、三宅 馨.
    • Mental mood of gynecologic cancer patients assessed by distress and impact thermometer (DIT; a two-item, self-report questionnaire) and hospital anxiety and depression scale (HADS; a 14-item, self-report questionnaire) during the initial treatment in the first 6 months: KCOG-G1103 study.
      Yoshio Itani, Atsushi Arakawa, Hiroshi Tsubamoto, Kimihiko Ito, Ryutaro Nishikawa, Kayo Inoue, Tsunekazu Kita, Atsushi Shugiura, Shinji Toyoda, Keiko Kuritani, Shizuka Shichido Yamamoto, Yasunari Miyagi, Naoto Furukawa;
      Nara Prefectural Nara Hospital, Nara, Japan; Nagoya City University Hospital, Nagoya, Japan; Department of Obstetrics and Gynecology, Hyogo College of Medicine, Nishinomiya, Japan; Kansai Rosai Hospital, Amagasaki, Japan; Nagoya City University, Graduate School of Medicine, Nagoya, Japan; Meiwa General Hospital, Nishinomiya, Japan; 3-1-69, Amagasaki, Japan; Okayama Ohfuku Clinic, Okayama, Japan; Department of Obstetrics and Gynecology, Nara Medical University, Nara, Japan.
      J Clin Oncol 32:5s, 2014 (suppl; abstr 9568)
  • 2013
    • 産褥期に診断され腹腔鏡下非交通性副角子宮摘出術を施行した1例
      Laparoscopic Surgery for a Non-Communicating Rudimentary Horn Diagnosed in the Puerperium: Case Report
      宮木康成1)、小田隆司1)2)、三宅 馨2)、清川麻知子2)、橋本 雅2)、高田智价2)、上者郁夫3).
      1)岡山大福クリニック
      2)三宅医院
      3)岡山大学大学院保健学研究科.
      日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 29(1), 98-102, 2013.
    • CT, MRI, and 18F-FDG PET-CT Findings of Pulmonary Benign Metastasizing Leiomyoma: A Case Report*.
      Riki Okita1, Koichiro Yasuda1, Yuji Nojima1, Ai Maeda1, Takuro Yukawa1, Shinsuke Saisho1, Katsuhiko Shimizu1, Takashi Akiyama2, Yasunari Miyagi3, Takashi Oda4, Masao Nakata1.
      1 Department of General Thoracic Surgery, Kawasaki Medical School, Kurashiki, Japan;
      2 Department of Pathology, Kawasaki Medical School, Kurashiki, Japan;
      3 Okayama Ohfuku Clinic, Okayama, Japan; 4Miyake Clinic, Okayama, Japan.
      Open Journal of Thoracic Surgery.Vol.3:127-129, 2013.
  • 2012
    • 分娩監視セントラルシステム Trium の臨床経験.
      三宅 馨、橋本 雅、小田隆司、清川麻知子、高田智价、宮木康成. GE Healthcare. 2012.
    • 子宮体癌のADC値 -組織学的分化度および筋層浸潤との関連について-
      三上朋子、上者郁夫、山口卓也、三村誠一、宮木康成、乗金精一郎、宇賀麻由、井田健太郎、松下 利、笹井信也、加地充昌、金澤 右.
      日本磁気共鳴医学会雑誌 32(4):95-101, 2012.
    • ペン型遺伝子組換えヒト卵胞ホルモン(ゴナールエフ皮下注ペン;rFSH)導入による安全で有効な排卵誘発法
      清川麻知子、小田隆司、堀本直幹、宮木康成、橋本 雅、高田智价、三宅 馨.
      現代産婦人科 61(1):73-77, 2012.
    • 臨床試験・生物統計学 Clinical Study ・ Biostatistics
      宮木康成.
      日本産科婦人科学会雑誌 64(8):1822-1826, 2012.
    • 胎児心拍モニタリング理解度の調査.
      宮木康成、三宅 馨、友野康江、三宅貴仁.
      東京オペグループ会誌 51:81-83, 2012.
    • CTG判読トリアージと標準化への試み
      三宅 馨、友野康江、三宅貴仁、宮木康成.
      周産期医学 42(4):507-512, 2012.
  • 2011
    • 当科における卵巣癌IIIc期の治療成績の検討
      堀 謙輔, 安藤 亮介, 繁田 直哉, 宮木 康成, 大西 圭子, 栗谷 健太郎, 脇本 哲, 山本 志津香, 尾崎 公章, 伊藤 公彦.
      産婦人科の進歩63(4):477-482, 2011.
    • ホルモン・加齢に伴う女性生殖器の変化 MRIを中心として
      上者郁夫 (岡山大 大学院保健学研究科)、三森天人 (姫路赤十字病院 放射線科)、宮木康成 (岡山大福クリニック 産婦人科).
      臨床放射線 56(11):1532(232)-1541(241), 2011.
    • Development of a mathematical model of intraperitoneal/intravenous infusion of taxanes.
      Y. Miyagi1, K. Fujiwara2, K. Ito3, Y. Miyagi4, T. Takano3, S. Nagao2, N. Yaegashi3, T. Oda1,5, T. Miyake6, K. Miyake5.
      1. Okayama Ohfuku Clinic, Okayama, Japan;
      2. Saitama Medical University International Medical Center, Hidaka, Japan;
      3. Tohoku University Graduate School of Medicine, Sendai, Japan;
      4. Shizuoka Cancer Center, Nagaizumi-cho, Japan;
      5. Miyake Clinic, Okayama, Japan;
      6. Osaka Rosai Hospital, Sakai, Japan.
      J Clin Oncol. 2011 29(suppl;abstr e 15585)
  • 2010
    • 全腹腔鏡下筋腫核出術(TLM)が有効であった粘膜下子宮筋腫様発育を呈した子宮筋腫の2例
      小田隆司、宮木康成、山口万紀子、清川麻知子、橋本 雅、高田智价、三宅 馨.
      現代産婦人科 59(2):279-285, 2010.
    • 当院産科外来におけるSTICを用いた胎児心スクリーニング方法の有用性
      森本識子、小柳 彩、山西智未、宮木康成、三宅 馨.
      医学検査 59(12):1316-1319, 2010.
    • 子宮内膜症に対するジェノゲストの使用経験
      宮木康成、小田隆司、山口万紀子、清川麻知子、橋本 雅、高田智价、三宅 馨.
      Hormone Frontier in Gynecology17(2):177-180, 2010.
  • 2009
    • Phase II study of intraperitoneal carboplatin with intravenous paclitaxel in patients with suboptimal residual epithelial ovarian or primary peritoneal cancer: a Sankai Gynecology Cancer Study Group Study.
      Fujiwara K, Nagao S, Kigawa J, Noma J, Akamatsu N, Miyagi Y, Numa F, Okada M, Aotani E.
      Department of Gynecologic Oncology, Saitama Medical University, International Medical Center, Hidaka, Saitama, Japan.
      Int J Gynecol Cancer. 2009 Apr;19(5):834-7.
    • 厚生労働科学研究費補助金 子ども家庭総合研究事業 乳幼児死亡と妊産婦死亡の分析と提言に関する研究
      (主任研究者 池田智明、国立循環器病センター)研究協力者 宮木康成。
      平成20年度総括・分担研究報告書 平成21(2009)年3月
    • 経母体bethamethasone投与後の胎児・胎盤循環の変化の検討
      熊澤一真1)2), 杉生良奈1), 小平雄一1), 片山典子1), 塚原紗耶1), 高田雅代1), 中西美穂1), 多田克彦1), 宮木康成3).
      1)国立病院機構岡山医療センター
      2)岡山愛育クリニック
      3)岡山大福クリニック
      現代産婦人科 58(2):127-130, 2009
    • Incidence of Carboplatin-related hypersensitivity reactions in Japanese patients with gynecologic malignancies.
      Koshiba H1, Hosokawa K1, Kubo A2, Miyagi Y3, Oda T3, Miyagi Y4, Watanabe A1, Honjo H1.
      1. Department of Obstetrics and Gynecology, Kyoto Prefectural University of Medicine,Kajiicho, Kamigyoku, Kyoto, Japan;
      2. Department of Hospital Pharmacology, Kyoto Pharmaceutical University, Kyoto, Japan;
      3. Okayama Ohfuku Clinic, Okayama city, Okayama prefecture, Japan;
      4. Shizuoka Cancer Center Hospital, Shizuoka prefecture, Japan.
      Int J Gynecol Cancer. 2009 Apr;19(3):460-5.
  • 2008
    • 厚生労働科学研究費補助金 子ども家庭総合研究事業 乳幼児死亡と妊産婦死亡の分析と提言に関する研究
      (主任研究者 池田智明、国立循環器病センター)研究協力者 宮木康成。
      平成19年度総括・分担研究報告書 平成20(2008)年3月
    • 社会的因子からみた周産期死亡率・妊産婦死亡率の検討 -助産師充足率を中心に.
      宮木康成(岡山大福クリニック), 三宅 馨, 高田智价, 橋本 雅, 小田隆司, 山口万紀子, 清川麻知子(三宅医院), 神谷直樹(東京慈恵会医科大学), 竹村秀雄(小阪産病院). 
      ペリネイタルケア 27(12):1250-1252, 2008.
    • スタッフ全員で学習に取り組み,モニター判読力を磨く ー 胎児心拍数モニタリング 読解力向上プロジェクト ~私たちの施設の取り組み~.
      友野康江1), 谷口美津留1), 大田原功子1), 宮木康成2), 三宅 馨1). 1)三宅医院, 2)岡山大福クリニック. 三宅医院
      ペリネイタルケア 27(12):692, 2008.
    • 閉経後の卵巣径に関する検討:MR画像所見と摘出標本との対比.
      上者郁夫(岡山大学大学院保健学研究科)、石田佳奈(岡山大学大学院保健学研究科)、山口卓也(岡山大学病院医療技術部放射線部門)、松下 利(岡山大学大学院保健学研究科)、三村誠一(岡山大学大学院保健学研究科)、赤木憲明(岡山大学病院医療技術部放射線部門)、宮木康成、原 武史(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科).
      日本磁気共鳴医学会雑誌 28(1):18-24, 2008.
    • Can ABCF2 protein expression predict the prognosis of uterine cancer?
      S Nishimura1, H Tsuda*,1,2, Y Miyagi3, A Hirasawa2, A Suzuki2, F Kataoka2, H Nomura2, T Chiyoda2, K Banno2, T Fujii2, N Susumu2 and D Aoki2
      1. Department of Obstetrics and Gynecology, Osaka City General Hospital, Osaka, Japan;
      2. Department of Obstetrics and Gynecology, Keio University School of Medicine, Tokyo Japan;
      3. Department of Obstetrics and Gynecology, Okayama Ohfuku Clinic, Okayama, Japan
      British Journal of Cancer 99, 1651-1655, 2008.
  • 2007
    • Comparative phase II study of intraperitoneal (IP) versus intravenous (IV) carboplatin administration with IV paclitaxel in patients with bulky residual disease after primary debulking surgery for epithelial ovarian or primary peritoneal cancer: A Sankai Gynecology Study Group (SGSG) study.
      K. Fujiwara, S. Nagao, J. Kigawa, J. Noma, N. Akamatsu, Y. Miyagi, F. Numa, M. Okada, E. Aotani, N. Terakawa.
      Journal of Clinical Oncology 2007 ASCO Annual Meeting Proceedings Part I. Vol 25, No. 18S (June 20 Supplement), 2007: 5584.
    • Computer simulation of pharmacokinetic analysis of 161,051 drugs after intraperitoneal (IP) or intravenous (IV) administrations.
      Y. Miyagi, K. Fujiwara, S. Nagao, J. Kigawa, K. Miyake, T. Oda, Y. Miyagi.
      Journal of Clinical Oncology 2007 ASCO Annual Meeting Proceedings Part I. Vol 25, No. 18S (June 20 Supplement), 2007: 16042.
    • 子宮内膜癌のスクリーニング(エコー).
      津田浩史1), 西村貞子1), 康文豪1), 中村博昭1), 三橋玉枝1), 宮木康成2).
      1) 大阪市立総合医療センター婦人科
      2) 岡山大福クリニック.
      産科と婦人科 74 : 257-260, 2007
    • 測定方法の違いによる正常発育胎児の左室Tei indexとその構成成分の測定値の比較
      多田克彦、高丸永子、塚原紗耶、片山修一、熊澤一真 、高田雅代、中西美恵 (以上、岡山医療センター 産婦人科)、宮木康成、三宅馨 (三宅医院).
      日本周産期・新生児医学会雑誌 43(2):486, 2007.
    • 検査技師によるSTICを用いた胎児心臓超音波スクリーニング.
      宮木康成、長田 彩、伊東裕美、小田隆司、国方建児、橋本 雅、高田智价、三宅 馨.
      ペリネイタルケア26(8):838-841, 2007.
    • 胎児心拍数モニタリング問題集 13.
      宮木康成、三宅 馨.
      ペリネイタルケア 26(4):386-387, 2007.
    • 「胎児心拍数パターンを基にした分娩時リアルタイムマネージメント法」導入に取り組んで.
      友野康江、宮木康成、三宅 馨.
      ペリネイタルケア 26(4):356-361, 2007.
    • 心拍数制御のメカニズム ー正常と異常ー
      宮木康成、三宅 馨、宮木裕司、池田智明.
      周産期医学 37(3): 331-335, 2007.
    • 腹腔鏡による卵巣移動術が有用であった採卵困難症の一例
      小田隆司、宮木康成、清川麻知子、柴田真紀、橋本 雅、高田智价、三宅 馨.