新着情報News

  • HOME
  • 新着情報
  • 6/1(土)に第1回乳腺外科専門医による講演会を行いました

2019.06.14

イベント

6/1(土)に第1回乳腺外科専門医による講演会を行いました

このニュースをシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る
  • Google+

6/1(土)に問屋町テラスセンターハウスにて第1回乳腺外科専門医による講演会を開催しました。
今回のテーマは「30代から増えはじめる乳がん~乳腺のしこりと痛み」でした。

 

まずは乳腺外科専門医である三宅おおふくクリニック副院長の伊波茂道先生より、痛みやしこりと乳がんの関係についてお話がありました。
痛みやしこりで乳がんが見つかる確率についてやまずは異変に気付くことの大切さを教えていただきました。
お話の最後に”ブレスト・アウェアネス”という言葉がありました。
従来の自己検診で“しこりを見つける”という考え方とは違い、”自分の乳房に関心を持つ”という考え方で、
「乳房の形や感触を自分で確かめ、通常をよく知っておきましょう。何かいつもと違う違和感を持ったら専門の病院に行きましょうという」というものです。
その後、実際に医師や看護師・放射線技師が説明しながら、乳房の模型を使ってしこりを見つける体験をして頂きました。参加者の方からは「しっかり触らないと見つけられないことがわかった」や「模型に触れたことでどんな感じかわかったのでセルフチェックに役立てたい」などの感想を頂きました。

 

皆さんも定期的な検診はもちろんですが、通常時の自分を良く知り、何か異変があれば専門医を受診しましょう!

 

今回は「30代から~」というテーマだったので、20代や30代の若い方にもご参加いただき、今後乳がんが増えはじめる時期へ向けて参考にして頂けたのではないかと思います。
また、10月20日(日)には三宅おおふくクリニックにて、第2回講演会を予定しています。
この日は1年に1度仕事や家事・育児で忙しい方のために日曜日に乳がん検診を受けられる「マンモグラフィサンデー」の開催日でもあります。
たくさんの方のご受診と講演会へのご参加お待ちしております。

このニュースをシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る
  • Google+
電話 外来予約 人間ドック予約